はるのうららの中国一夜また一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆第二百十一夜☆ 春のうららの・・・

<<   作成日時 : 2009/04/06 19:11   >>

トラックバック 0 / コメント 8

・・・とくれば、続きは   



画像




先週、仕事の用で上京したので、帰りは「わたし」の川へ〜



画像




日頃の心がけが良いので、お天気も良かったし、桜もほぼ満開でした



画像





ではここで問題です。




画像





「春のうららの」とくれば、「隅田川」ですが、




画像





では、「はるのうらら」が「隅田川」・・・の続きは




ヒントは写真の中〜




画像





簡単すぎましたね






答えはモチロン





        ASAHI BIER


画像




1杯目はメニューをつまみに呑みました〜

 


注文した品が来る前に呑み終わっちゃったので、これは2杯目で〜す



画像




3杯目は・・・ヒミツで〜す





今年もそろそろ「昼ドラ」の季節ですねぇ〜・・・今日は「昼一」でしたけど・・・






オヤスミナサイ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
はるのうららさん、おはようございます。

何、この場所が好きなのでHNを決めたのかな(^^ゞ
遊覧船に電気が・・・これに乗ってビール・・・なわけないですね!
でもやってみたい贅沢ですね
wisteria
URL
2009/04/07 05:52
wisteriaさん、晩上好♪
モチロン♪美味しいの呑めるこの場所は好きですよ〜♡でもHNはあの歌が好きだから〜
遊覧船に乗って・・・いつでもお供しますよん♪
だけど屋形船は→の方が似合いそう!
はるのうらら
2009/04/07 18:02
こんばんは!
春のうららの隅田川〜♪が歌われたころの隅田川ってどんなだったのでしょうか?今の隅田川の姿からは想像もつきませんが、のんびりした田園風景が広がっていたのでしょうね。
今の隅田川は屋形船が走り、ビール屋さんのモダンなビルが建ち、ジョッキで乾杯。変わりゆく東京の一部分を切り取った否定できない風景だと思います。
manatuno
2009/04/07 23:12
アサヒビールのモニュメント見てしまった ほしさん 
 も〜 これはも〜我慢でしなかったでしょう 
  って察しがつきます。。

お名前 春のうららの隅田川〜♪ ってこれからでしたか。。 

以前この屋形船で銀行の旅行での宴会をしました。。 
 出てくるもの 天ぷら テンプラ tempura ばっかし 
   船酔いの方は 冗談じゃありません騒ぎ。。。 
kei
2009/04/08 01:49
manatunoさん、早上好!
この場所に朝日の金色の「コレ」が出現した時には、何て変なものが出来たんだ!?と思いましたが、今では全く違和感なく、浅草の風景の一部と化していますね。もしも羽衣さんが今の世の詩人であったとしたら、この景色を見てどんな歌を詠むのでしょうか。
はるのうらら
2009/04/08 10:02
keiさん、歓迎光臨!
そうなのですよ〜♪中学生の頃からこの歌がダイスキなのです〜♪決して「この世は私のためにある♪」から付けた名前ではありません★〜★
そうそう、屋形船は天ぷら食べ放題!ですね。えっ!隅田川で船酔いができるのですか〜?それは初耳ですよっ!油とお酒の相乗効果ってヤツですかね?
はるのうらら
2009/04/08 10:06
春のうららの〜隅田川〜

私の声届いたらいいのに・・・・

上京なさって〜今度は絶対さそってくらはいもうでいい気持ちです♪〜♪
ルウ☆
2009/04/08 21:43
ルウ☆さん、歓迎光臨〜
美しいソプラノのお声、届きましたよ〜〜では私はアルトを担当〜
上京よりも、本当は京の都へ行きたいんですけどね〜。ちょっと行きたい美術館ができたので。。。5月か6月にでも行こうかな、って、ずっと考えているのですけど、ど〜しよっかな〜
はるのうらら
2009/04/09 15:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆第二百十一夜☆ 春のうららの・・・ はるのうららの中国一夜また一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる