はるのうららの中国一夜また一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆第百九十一夜☆ 2008年菊 〜 太田

<<   作成日時 : 2008/11/03 18:40   >>

トラックバック 0 / コメント 12

大光院の菊を見てきました。


画像



第52回、もう長い歴史のある菊まつりです。七五三のお参りとも重なり、お正月の次に大光院が賑わう時節です。


画像



が、聞くところによると、大会で出される賞の中身が随分とお粗末で、今年は出展者が他の菊花展へと流れてしまい、かなり菊の数が少ない・・・・とか。


画像



文化観光都市とは程遠い当市ならさもありなん・・・・悲しいけれど、納得できるのです。それでもどんな具合か、やはり見に行ってみました。


画像



確かに、以前の3分の2・・・半分・・・?くらいの数しか出展されていません。屋台もほんの少し。毎年出ていた仮設の食事処もありません!!!


当市のは無料とはいえ、同名の菊花大会を開催する大間々のながめ公園に、完全に負けています。→ 「美」と「冠」競う  二つの関東菊花大会


画像



そうは言っても、「上毛かるた」(久々の登場)に「太田金山 子育て呑龍」と詠われるお寺さんです。


七五三の参拝客でこの通り大賑わい。


画像



菊を撮ろうとしても、なかなか人の流れが切れません。それではいっそと、晴れ姿のお子さまたちを・・・コッソリ・・・。


画像



末はスーパーモデルにもなれるかな


画像



頭が良くなりますように? お顔が良くなりますように?


画像


でも本当は・・・


こっちの方がいいよね〜


画像


もうぐったりだよね〜〜

画像



画像


おちびちゃんたち、お疲れさまでした〜


来年は、丹精込めて育てられたたくさんの菊が、七五三を一緒にお祝いしてくれるといいのですが・・・。


 
           ところで

このブログにYou Tubeの動画が貼れるようになったようなので、ちょっと試してみます。


群馬県民にはお馴染みで、県民以外の方には意味不明な動画です^^
(追記:下の動画がスタートしなければ、こちらをどうぞ → 上毛かるた初級



掛け算九九はアヤシイのに、「上毛かるた」はまだ暗唱できます 初級なんて、お茶の子さいさい 恐るべし、郷土愛の洗脳教育


おそらく本邦最大級の郷土かるた


群馬県外の皆さま、上州観光の際には、是非ともお一つお求めくださいね


なんならワタクシが、料金受取人払いでお送りしてもよろしくてよ〜



オヤスミナサイ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
はるのうららさん、こんばんは。

今年も菊花大会の時期になりましたね!
いろんな場所で行われるから、出す人はあっちにもこっちにもでしょうから・・・ちょっと賞品が・・・となると・・・あそこは、こんなもんでいいだんべぇ!・・・になっちゃいますね(^^ゞ
それを小さな花がカバーしてますね!

すみません!うちの環境ではYou Tubeの動画、見えませんでした(^^ゞ
wisteria
2008/11/03 18:59
wisteriaさん、晩上好!
You Tube、貼りついたみたいですが、私も見られませんでした^^;
おかしいですね〜???また挑戦してみます。
今年も紅葉、菊、あとはイルミネーションとクリスマスを残すのみですねぇ。
出展者にしてみれば、一年の成果の発表の場ですものね。価値を認めてもらえる所へ出すのは当然だと思います。まったく、うちの市は・・・派手なことや目立つことにお金を使うのは大好きなんだけど・・・。愛県精神は育ったけど、愛市精神は・・・ブチブチブチ・・・。
はるのうらら
2008/11/03 21:25
はるのうららさん、晩上好!

菊♪綺麗ですね。二つ目のお写真に思わずクンクン
七五三の可愛い子ども達。思わずほっぺた緩みます。
私も7歳と3歳はwでこなしました。なんか随分セピアな記憶ですが・・・・でも↑のお写真で頭の中グルグルです。

YouTube、
見れへんで残念です。今度楽しみにしています


ルウ☆
2008/11/03 21:57
おはようございます。
半世紀以上の歴史ある菊展も賞の中身で菊の数が決まるとは、現実はずいぶんと世知辛いものですね。
それでも七五三のお参り、はずいぶんと盛況な様子ですね。七五三と言えば、普通はお宮参りが一般的だと思いますが、お寺参りは珍しくないですか。
manatuno
2008/11/04 07:48
はるのうららさん
心を込めて唄わせていただきます。

うららさんは良い人〜だ♪
うららさんは良い人ー♪
うららさんは良い人〜だ〜〜〜
とても良い人〜〜〜♪  おめでとう〜〜〜!!!うららちゃ〜ん
益々のご活躍を心より応援しております。

ウルフのスナフ
2008/11/05 07:47
ルウ☆さん、歓迎光臨!
鼻をクンクン・・・あ!食べちゃった??
お嬢さん、7歳と3歳はお二人同時に着物でしたか?想像しただけでグッタリです 3歳のお祝いは、見てて本当に愛らしいのと、可哀想なのと・・・
上毛かるた、見られませんでした?遠慮しないで!いつでもお送りしますからねっ
はるのうららあ
2008/11/05 11:00
manatunoさん、歓迎光臨!
賞の中身・・・というのは聞いた話で、他にも色々理由はあるのかも知れませんが。いずれにしろ、あまり文化に力を入れていない市なのであります、うちの市は。作られる方には、それなりの思い入れもあると思いますから、軽んじられるのは・・・。
この大光院というお寺さんは、普通は「呑龍さま」と呼ばれています。大光院も呑龍上人も、広辞苑に載っているんですよ。呑龍上人は江戸時代の初め、家康の招きで大光院を開山したのですが、当時の貧しい庶民の子供を弟子として引き取り(間引かれるのを避けるため)養育したことから、「子育て呑龍」と言われているのです。小諸や足尾には、呑龍さまゆかりのお寺もあり、横浜には大光院の別院も作られるほど、徳の高いお寺さん・・・・なんですけどね。。。ですから、そこで開かれる菊花展が廃れるとは、相当の理由があるのかも知れません(大光院は会場なだけで、開催者ではありません)。
長くなりましたが、↑以上の子育て呑龍上人を慕って、こちらの方では子供の名前をつけてもらうのも、お宮参りも七五三も、大光院という人が多いです。氏神さまは・・・どこだか知りません。
はるのうらら
2008/11/05 11:24
ウルフのスナフさん、歓迎光臨!
まあ、お祝いをありがとうございます
また一つオリコウになりました
・・・良い人、良い人・・・って、実はプレッシャーかけてますね?
ダイジョウブ、アタチ、重圧ナンカニ負ケナイモン
お歌だけでケーキと酒がないなんて、おじちゃま、うらチャンがグレてもいいのぉ〜〜〜
はるのうらら
2008/11/05 11:35
きれいですね!!

あと、ブログのタイトルもきれい!

七五三そんな季節ですね。なつかしい
http://plusone-patent.co.jp
はな
2008/11/05 15:06
はなさん、
はじめまして、歓迎光臨!
今年ももう七五三、木枯らしの季節ですね!
ホームページ拝見させていただきました。特許翻訳の・・・!
ブログを見つけていただきましただけで光栄です。
ブログはタイトルの通り、「中国・・・」のつもりで始めたのですが、今では看板に偽りあり、なのです。でも自分でも気に入っているタイトルですので、変えずにいます。
御社の用語集やブログで、色々勉強させていただきます!
どうぞよろしくお願いいたします。
はるのうらら
2008/11/05 17:54
おはようございます。
この季節になると菊が綺麗ですね。
4枚目の写真菊とは思えませんね!盆栽仕立ての菊年齢は?
七五三の参拝客可愛いですね。我が子の七五三を思い出させてくれる写真でした。

>末はスーパーモデルにもなれるかな
ほんと!お母さんが選んだのかな
博士
2008/11/06 07:46
博士さん、歓迎光臨!
菊の花は長く楽しめるのもいいところですね。家の菊も今が盛りです。
4枚目のような盆栽の菊も、毎年たくさん出展されるのですよ。
仙人の住む山のようですよね?・・・今年はちょっとだけで残念でした。
七五三、今の晴れ着は個性的ですね。忍者みたい・・・と思ったりして^^
男の子もジャニーズJrかと思うような茶髪やツンツンに立った髪や。そしてお母さま方もまぁ、派手な網タイツとかハイヒールとか・・・見ていて飽きないです。
はるのうらら
2008/11/06 16:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆第百九十一夜☆ 2008年菊 〜 太田 はるのうららの中国一夜また一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる