はるのうららの中国一夜また一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆第百九十九夜☆ 秋の足利、白石山房

<<   作成日時 : 2008/11/25 22:48   >>

トラックバック 0 / コメント 8

足利市緑町にある、田崎草雲の草庵「白石山房」。


画像




田崎草雲(1815〜1898年)とは、江戸の足利藩邸に生まれ、幕末には尊王運動にも加わった南画画家です。明治維新後に足利のこの地に二階建ての茅葺きの山房を建てて住み、84歳で没するまで、多くの作品を描き続けました。



画像




最初の写真は、草雲が晩年になって山房の隣に建てた画室です。



画像




昭和43年、足利市在住の鈴木栄太郎さんというお医者さまが、私財を投じて山房の一角に「草雲美術館」を建て、しかも市に寄付をされたのです。



画像




美術館に入るには入館料がかかりますが、建物のある庭園部分には、休館日以外でしたら自由に出入りし、散策することができます。



画像




すぐ近くを流れる渡良瀬川には、「緑橋」という立派な橋が架かっていますが、20年ほど前は、この橋はまだ車の通れない小さな小さな木の橋でした。橋の周辺の、のんびりとした風景が大好きで、よく原付に乗って遊びに来ました。



画像




その頃から、白石山房と周辺の公園やお寺は、わたしのお気に入りの場所です。だってここ、いつ来ても人がほとんといないのです。まるで自分の家のような顔をして、日向ぼっこを楽しむことができるのです。



画像




先日訪れた時は、ちょうど紅葉も盛りの連休中で、おまけに足利の文化財の一斉公開のイベントがあったので、初めての混雑を味わいました。



画像




白石山房のすぐ近くには「八雲神社」があり、前夜ご紹介した「物外軒」、「織姫神社」も徒歩10分ほどです。



画像




その「物外軒」ですが、前の記事で、個人のお宅の茶室だったものが、「所有者移転を経た後、昭和48年に足利市に寄付された」と書きました。



画像




その寄贈者とは、実はこの草雲美術館を建て、市に寄付をした「鈴木栄太郎さん」なのです。「物外軒」は当時のお金で2億円と言われたそうです。


            詳しくは、こちらをどうぞ。
                  ↓
           盲腸先生、鈴木栄太郎(1894〜1977)
 「大切な文化財は、市民のものであって、私物化すべきものでない」





草雲美術館の詳細は → こちら



秋の足利、まだ続きます。



オヤスミナサイ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あら うらら姫様 また 見どころいいところ のご紹介ですか。。
 また 良いところじゃないですか。。 
 これも Aランク じゃないでしょか? 
 できれば 2日ほど早ければ 立ち寄ってきたのですが 
 足利って 結構良いところがあるのですね。。 
 私 足利認識不足でした。。 (反省)

    まだ 何か 隠していないですか??             
 
kei
URL
2008/11/26 01:44
はるのうららさん、こんばんは。

雰囲気のある場所をご存じですね・・・でもなんか和服でないと落ち着かない感じ・・・わてだと門前払いされちゃいそうヽ(´・`)ノ
wisteria
URL
2008/11/26 16:20
こんばんは!
足利では古い建造がずいぶんと大切にされている様ですね。しかも木造ですから維持も相当に大変でしょう。
尊王の画家さんにも興味が有りますが、偉くなってもおごる事無い鈴木栄太郎先生ですか、同じ人間として、その心掛けは見習いたいものですね。
manatuno
2008/11/26 20:17
keiお代官様〜♪ 晩上好!
えへへ、出し惜しみしてますか?皆さんの真似っこです^^
keiさん、あとどれくらいためてますか〜〜?
ここは物外軒のように被写体盛りだくさんではありませんが、
すっきりしていて、建物に懐かしい香りがあって、大好きです。
結構年中行っているのですが・・・今まで内緒にしてました^^
ええ、あと一箇所、隠してます。でもBランクかな〜?
まだ全然用意していないので、明日か明後日の晩になりま〜す♪

はるのうらら
2008/11/26 21:41
wisteriaさん、歓迎光臨!
和服ですか〜、いいですね〜、とっても似合いそうです♪
古き良き、日本映画のワンシーンのようですね〜♪
え。wisteriaさん、門前払いですか?
どんな格好でお出かけざんしょ?まさかフンドシ一丁?
はるのうらら
2008/11/26 21:45
manatunoさん、晩上好!
足利は今、「足利学校」などの世界遺産登録を目指しているのです。昔から文化方面にはとても力を入れている町でした。自然は豊かで文化と歴史があり、おまけに美味しいものもたくさんあります。ぜひ遊びに行ってみてくださいね!
鈴木栄太郎先生、足利の「赤ひげ」のような方に思えてしまいます。費やしたお金の大きさにも驚きですが、こういう方がいてこそ、文化が創られ、守られるのでしょうね。
はるのうらら
2008/11/26 21:56
こんばんは、はじめまして(^^)
こんな素晴らしい所もあったのですね。行っておけばよかったかな〜。
桐生市内に勤務しているのですが、足利のお客様も多く訪れますので
足利がだいぶ身近になりました。
もっといろんな所を開拓していきたいですね〜。
たちばな
URL
2008/11/27 21:58
たちばなさん、歓迎光臨!
お越し下さって、ありがとうございます♪
そうなんですよ、こんな素晴らしい所があるのです^^
ここも足利公園の一部なのですが、ちょっと奥にあるので、古墳公園までで終わりのように見えるのでしょうね。
そば祭りもありますし〜♪また足利に行く楽しみが増えちゃいますね!
わたしもずっと前、桐生に2年ほど通勤していました。。。なんだかご縁がありますね^^
昨日は桐生に行って、うどんを食べました♪
まさかたちばなさんは・・・?^^
はるのうらら
2008/11/27 23:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆第百九十九夜☆ 秋の足利、白石山房 はるのうららの中国一夜また一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる