はるのうららの中国一夜また一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆第百六十六夜☆ サクラ・2008・深谷

<<   作成日時 : 2008/04/03 18:57   >>

トラックバック 0 / コメント 5

10日ほど前に行ったばかりですが、また深谷駅です。

画像


どうしても見たかったんです。

画像


この駅舎が満開の桜に埋まってしまう姿を。

桜の木の数や大きさでは、熊谷の荒川堤には及びませんが・・・

でもやっぱり

行って良かったです

荒川では大勢の人と屋台の香りに、お花見気分を満喫しましたが、

こちら唐沢川では、ほんのりと春の情緒を味わいました。


画像



画像



画像



画像


この週末には、花吹雪が舞うかも知れません。それもきっと素敵でしょうね。

ついでにチューリップの様子はどうかなと、近くのパティオにも行ってきました。

画像


「シャト」という真っ赤な八重咲き種は満開でしたが、他の色はこれから・・・週末あたりが見ごろでしょうか。

画像


立て続けに深谷に来た記念にと、渋沢栄一の記念館と生家にも寄ってきました。

画像


記念館にあった新聞記事で知ったのですが、昭和38年に伊藤博文の千円札が発行された際、最後まで肖像候補に残ったのが渋沢栄一だったそうです。

ヒゲがある方が偽札作りが難しいそうで、それで伊藤博文に軍配が上がったとのことです。

画像


将来お札になりたいと思っている人は、頑張ってヒゲを伸ばすと良いかもしれませんね

そう言えば二千円札って、もう何年も見たことがないのですが、まだあるんですよね?たまには手にしてみたいものです。

オヤスミナサイ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
はるのうららさん、こんばんは。

昔は毎月1回は必ずと言っていいほどに深谷は行ってたんですが、ネオンが眩しくなってからでしたので、昼間の地理にはとーんと暗いです(^^ゞ
それにして、こんなにきれいな街だったけ??
wisteria
2008/04/03 21:40
こんばんは!
なるほど、このレンガ造りの駅舎に桜の花はよく似合いますね。同じ埼玉に住みながら北部方面にはとーんと暗いです。何だかwisteriaさんのコメントに似てますけど、深谷はこんなに趣ある町だったのですね。
manatuno
2008/04/03 22:35
また見て見たい深谷駅!
 その気持ちわかります。。 
 ま〜 桜が
 え〜 赤い橋に 紅い欄干
 いい感じですね
 これは 行き炊たくなりますねぇ〜。。

 パティオ
 渋沢栄一 

 へ〜〜 いい所ありますね 。。 
 知りませんでした。。。メモッておきます^^)  
kei
2008/04/04 01:34
大家、歓迎光臨!
やっぱり「深谷ってこんな良い所だったんだ〜!」ですよね?わたしも新発見でした。
★wisteriaさん、さすが「花花公子」!ネオンの花を求めて、深谷にまで遠征でしたか。この駅舎ができたの、10年くらい前みたいですね。色々町おこし、頑張ってるんでしょうね!
はるのうらら
2008/04/04 17:11
★manatunoさん、所沢から深谷は遠いですよねー。わたしも群馬の西北部には滅多に行きません。深谷も全然興味なかったのですが、一昨年、本庄の会社に仕事に行ってから、こっちの方もたまには探検してみようと思ってたんです。
★keiさん、あら、パティオご存知でありませんでした?市の施設ですってよ。隣にゴミ焼却場があって、その熱で温水プールを運営してるとか。近くに温室もたくさんあるんで、それもゴミ熱利用かもしれません。
はるのうらら
2008/04/04 17:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆第百六十六夜☆ サクラ・2008・深谷 はるのうららの中国一夜また一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる