はるのうららの中国一夜また一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆第百四十五夜☆ 北関東ちっちゃな旅 桐生B

<<   作成日時 : 2007/09/18 20:07   >>

トラックバック 0 / コメント 9

日曜日、桐生のお寺の帰り道は、矢野園さんでお茶を一服。


画像
 

隣の有鄰館では、「銀塩写真展」が開かれていました。


画像画像


ちょうど何人かいたお客さんが帰ったところで、中庭の横の特等席に座れました。贅沢に、玉露です。


画像


十分に寛いだ後は、またちょこっとだけ散策。


画像


画像画像


ここは、晩年を桐生で過ごした坂口安吾の好きだった鰻屋。

画像


創業天保元年、貫禄の店構え。
画像


桐生市本町1、2丁目の散策には → まち歩きマップ をどうぞ。


画像


オヤスミナサイ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
えぇ!桐生にこんな町並み有ったんですか?
もっぱら、暗くなってから、ネオンの明るい所専門だったので、気がつかなかったんでしょうかね!
wisteria
2007/09/18 21:25
こんばんは!
桐生はずいぶんと味のある街ではないですか。博物館のような街ですね。こういう町並みは大好きでです!!
こういう街づくりなら大歓迎。根こそぎ壊して近代的な高層建築を作るよりもずっと個性的で味のある街が出来ると思います。
manatuno
2007/09/18 22:09
wisteriaさん、晩上好!
>ネオンの明るい所専門・・・あ?やっぱりそうでしたか^^;
錦帯橋をダーっと北上して、天神様にぶつかる手前辺りですよ〜。毎月第一土曜に天神様で骨董市をやってるんですが、それに合せて有鄰館ではからくり人形芝居もしますよ。たまには「太陽の明るい桐生」もどうそ♪
でも太田はやっぱ、夜の歌舞伎町がお好き?
はるのうらら
2007/09/18 23:39
manatunoさん、晩上好!
桐生は子供の頃からいつも行っていて、この風景は見慣れていたのですが、最近はとても貴重な町並みだと思うようになりました。
他にもまだまだ、昔のノコギリ屋根の工場とか、織物参考館とか、明治の洋館とかあります。夏の八木節まつりはそれはそれは盛大ですし。それでいて観光地っぽくないところがいいんです。
はるのうらら
2007/09/18 23:50
こんばんは

写真を一枚づづ見ていくと、みんなそれぞれ
味のある建築物ですね。日本人にはなんと言うか、落ち着く木のぬくもりがする家がいいですね。白い土塀など今ではなかなか見られなくなった風景です。明日も続きはあるのかな?
博士
2007/09/19 17:37
博士さん、晩上好!
そうなんです。お寺も同じですが、木の温もりが気持ち良いのですね。
残念ですが今回の桐生の旅はこれでお仕舞いです。次回をお楽しみに〜〜♪
はるのうらら
2007/09/20 00:06
wisteriaさん、「錦帯橋」ではなく「錦桜橋」でしたね^^ 間違えました!
はるのうらら
2007/09/20 00:08
桐生は私が生まれ育った町です。。 
 はるのうらら さんは桐生詳しいのに驚いています
 このようにご紹介されると 
 確かに 訪れたくなる記事ですね^^) 
 お礼をさせて頂きます
  ありがとうございます。。 

昨年行かれた 早川淵(端)の彼岸花
 見頃はここ何日かですよ。。。 
 先日の日曜に下見にいってきました
 本ちゃんを行ってこようかと思っていますが。。 
 
kei(け〜ちゃん)
2007/09/21 00:55
keiさん、歓迎光臨!
keiさんは桐生のお生まれですか〜。きっとkeiさんの少年時代の桐生は活気にあふれていたのでしょうね。美味しいものも沢山あって、自然もあって、いい所ですね。
彼岸花、今年も季節になりましたね!週末にも行かれるのですか?私もどこかに見に行きたいのですけど・・・今月いっぱいはもう一歩も外に出られないくらいの仕事で・・・ハァ〜〜〜。この週末は多分、明け方まで仕事です。。。代わりにkeiさんの写真を楽しみにしていますね〜 (^O^)/
はるのうらら
2007/09/21 21:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆第百四十五夜☆ 北関東ちっちゃな旅 桐生B はるのうららの中国一夜また一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる