はるのうららの中国一夜また一夜物語

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆第百四十三夜☆ 北関東ちっちゃな旅 桐生

<<   作成日時 : 2007/09/16 22:14   >>

トラックバック 1 / コメント 6

暑かったので、桐生に遊びに行きました。

画像

先ずはお昼。蔵のお蕎麦屋さんで天ざるうどん。イイ雰囲気ですね〜。

画像

絹織物の名産地であった桐生市。此の頃ではすっかり活気を失ってはいますが、古い家並みは今でも健在です。

お蕎麦屋さんの付近をちょこっと散策。

画像

画像

画像


お次は汗を流しに、お風呂に入りにいきまっしょ♪・・・と、お山の上の「きのこの森」へ。ここの露天風呂から見える山の景色が大好きなんです。

画像

・・・おや・・・?

画像

・・・なんか嫌な予感・・・。

画像


ガーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!

うっそぉぉーー!全然周知なんかじゃないですよぉぉぉ!!群馬の方、ご存知でした??

数年前に一時休業した時にもショックでしたが、その時は間もなく営業再開して喜んだものでした。今回は・・・・もうダメなんでしょうかね・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

「きのこの森」って何?って言う、群馬&大分県以外の皆さま、シイタケの人工栽培を確立した「森喜作物語」を読んで、今後は心して「国産」シイタケを召し上がってください。

画像

知っていれば8月中に来ていたのに・・・・

全く、世の中は無常なのですね・・・この傷心を癒やしてくれる場所は・・・やっぱアソコですね。

つづく。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
麦焼酎「二階堂」!プレミアです!!
20年以上前からねかせてある麦焼酎「二階堂」! 酒だらけのブログですが遊びに来てください^^ http://namabi-ru777.seesaa.net/ コメント・トラバ・相互リンク大募集中です! 記事が気にいったらポチっと応援お願いします^^ ...続きを見る
焼酎・ビール.com 〜プレミア焼酎なら...
2007/09/23 23:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

羽生に行かれたのでしょか。路地裏の狭いお蕎麦屋さんの雰囲気がいいですね。とっても美味しいそうです。
羽生と言えば絹織物の名産地でしたが、最近はやはり中国での生産が増えたのが原因でしょうか?
きのこの森立派なホテルですが閉館とは残念でしたね。
博士
2007/09/17 10:53
博士さん、歓迎光臨!
雰囲気の良いお蕎麦屋さんでしょ?桐生は「うどん」の町でもあり、美味しいうどん屋さんが何軒もあるんですよ。
他にも昔からの美味しいお店が沢山あるのですが、この数年、お気に入りの店が次々と店じまいをして、ガックリしてばかりです。きのこの森も、結婚式も出来るホテルでしたのに・・・。
はるのうらら
2007/09/17 17:30
はるのうららさん、こんばんは!
えぇ!きのこ会館だよね?えぇ!いついつ??
知らなんだ・・・!
ニュースにもならなかったですね!
wisteria
2007/09/17 20:01
こんばんは!
東京下町の路地裏とはまた違った感じでいい感じの路地裏ではないですか。
キノコの森って何?と思ってクリックして見るとホテルでしたか。でも赤いキノコがとても素敵。是非見てみたいです。
でもせっかくの露天風呂が閉館とは。。。残念と言う言うかショック。。。
で、森喜作って誰よってつられてクリック。ガッーーーーン!!関越自動車道でよく見るあの看板!!恐れ入りました。
manatuno
2007/09/17 21:55
wisteriaさん、早上好!
そうそう、きのこ会館ですよ!やっぱり知りませんでした?この日、帰ってきてからネットで調べたら、8月21日の「上毛新聞ニュース」に発表されてました^^; 
ハイキング帰りの入浴とか、きのこ茶屋とか好きだったのに・・・。あれだけの山や施設をあのまま放っておくのも勿体ないし、どうにか入浴や食事だけでも復活するといいんですけど。
はるのうらら
2007/09/18 08:28
manatunoさん、歓迎光臨!
やはり森喜作さんは知らなくても、「ドクターモリ」さんは著名人らしいですね^^
昔は「きのこ会館」って名称で、大学のサークルでも泊まりにいったことがありました。その時に森博士の話を聞き、結構感動したものでした。あの看板のイメージとは随分かけ離れています。
はるのうらら
2007/09/18 08:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
☆第百四十三夜☆ 北関東ちっちゃな旅 桐生 はるのうららの中国一夜また一夜物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる